水曜ドラマ「ラブコメの掟」のロケ地を最新話まで紹介!画像付きで聖地巡礼!

2021年4月から水曜ドラマ「ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~」通称「こじだん」で使用されたロケ地を最新話まで画像付きで紹介しています。主演の栗山千明さんや小関裕太さんの演技に大注目のドラマです。他にも目撃情報がTwitterやInstagramなどのSNSを中心に多数報告されているので聖地巡礼の参考にしてください!

画像の引用元:ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~|主演 栗山千明|テレビ東京 (tv-tokyo.co.jp)

目次
  1. 「ラブコメの掟」ドラマのロケ地や撮影場所~第1話~
  2. 「ラブコメの掟」ドラマのロケ地や撮影場所~第2話~
  3. 「ラブコメの掟」ドラマのロケ地や撮影場所~第3話~
  4. 「ラブコメの掟」ドラマのロケ地や撮影場所~第4話~
  5. 「ラブコメの掟」ドラマのロケ地や撮影場所~第5話~
  6. 「ラブコメの掟」ドラマのロケ地や撮影場所~第6話~
  7. 「ラブコメの掟」ドラマのロケ地や撮影場所~第7話~
  8. 「ラブコメの掟」ドラマのロケ地や撮影場所~第8話~
  9. 「ラブコメの掟」ドラマのロケ地や撮影場所~第9話~
  10. 「ラブコメの掟」ドラマのロケ地や撮影場所~第10話~
  11. 「ラブコメの掟」ドラマのロケ地や撮影場所~第11話~
  12. 「ラブコメの掟」ドラマのロケ地や撮影場所~最終回~
  13. 「ラブコメの掟」のキャストや相関図
  14. 「ラブコメの掟」のロケ地を最新話まで紹介!画像付きで聖地巡礼!まとめ

「ラブコメの掟」ドラマのロケ地や撮影場所~第1話~

九条瑠璃(栗山千明)は、電子コミックの編集部で働く優秀なアラサー。パーフェクトな外見と言動から恋愛経験豊富と思われてきた。しかし実際は、15年前の大学時代に彼氏が一瞬いただけの恋愛ド素人。
そんな瑠璃が、“見た目も中身もパーフェクト”な職場の後輩・真宮亮(小関裕太)から突然、飲みに誘われ恋愛相談を持ち掛けられる。「誰と付き合っても3か月以上続かない」と打ち明ける亮に「あなたがまだ本当の出会いをしていないだけよ」とドヤ顔で答える瑠璃。これもすべて瑠璃が少女漫画から得た知識!しかし…飲みすぎた瑠璃が翌朝目を覚ますと、隣には亮の姿が!瑠璃の頭の中は大パニック。そして、なぜか瑠璃は亮に恋愛指南をすることに!理想の彼氏像を体現していく亮に瑠璃の15年ぶりのトキメキが止まらない!

引用元:第1話|ストーリー|ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~

瑠璃が働く「Fantasia コミック編集部」(内観)・「いすゞプラザ」神奈川県藤沢市

瑠璃が働いている「Fantasia コミック編集部」の出入口のロケ地は「いすゞプラザ」でした。

オフィスは別のスタジオを使用して撮影している可能性が高いと思われます。

オープニングで使用されていた場所で瑠璃が会社で有名なのがとても伝わってくるシーンです。

撮影に使用された場所はこちら→施設紹介 | いすゞプラザ (isuzu.co.jp)

Googleストリートビューでロケ地を確認する→いすゞプラザ

住所:〒252-0881 神奈川県藤沢市土棚8

アクセス:小田急江ノ島線「湘南台駅・西口A出口」より徒歩15分

瑠璃が住んでいるマンション(外観)・「シャローム上野毛」東京都世田谷区

瑠璃が住んでいるマンション(外観)のロケ地は「シャローム上野毛」でした。

少女漫画をバイブルとして生活している瑠璃は最後までバレずに過ごすことが出来るのか心配です。

※閑静な住宅街なので聖地巡礼をする際は周囲への配慮をしましょう。

シャローム上野毛の情報はこちらから→【ホームズ】シャローム上野毛の建物情報(homes.co.jp)

住所:〒158-0093 東京都世田谷区上野毛4丁目19−16

アクセス:東急大井町線「上野毛駅・正面口出口」より徒歩12分

瑠璃が住んでいるマンション(内観)・「和光スタジオ」埼玉県志木市

瑠璃が住んでいるマンション(内観)のロケ地は「和光スタジオ」でした。

週1で家事を手伝いに来る弟・惇太は姉に現実を突きつけますが、今の自分のままで生きていくと決めた瑠璃は譲りませんでした。

※閑静な住宅街なので聖地巡礼をする際は周囲への配慮をしましょう。

※第10話では亮の誕生日の飾り付けが綺麗にされていました。

撮影に使用された場所はこちら→和光スタジオ 《撮影専用スタジオ》 | 株式会社アセェス (assess-re.jp)

Googleストリートビューでロケ地を確認する→「和光スタジオ」

住所:〒353-0007 埼玉県志木市柏町1丁目7−7

アクセス:東武東上線「柳瀬川駅・東口出口」より徒歩23分

瑠璃の回想シーンで使用された公園

瑠璃の回想シーンで使用された公園のロケ地は現在調査中です。

母親に呼んでもらった思い出の本で「全てを受け入れてくれる王子様が来る」と言われていました。

※ちなみに本を探してみましたがありませんでした。

撮影場所の詳細が分かりましたら追記していきます。

瑠璃の回想シーンと会社の屋上・「東日印刷(株)」東京都江東区

瑠璃の回想シーンと同僚と3人でランチをしていた会社の屋上のロケ地の場所は「東日印刷(株)」でした。

15年前の失恋によって恋をすることに臆病になってしまいました。

撮影に使用されていた場所は廊下の他にも併設されているレストランの一部です。

撮影に使用された廊下はこちら→越中島STビル|東日印刷株式会社 (tonichi-printing.co.jp)

撮影に使用された屋上はこちら→スカイビューレストラン東日

Googleストリートビューでロケ地を確認する→東日印刷 本社

住所:〒135-0044 東京都江東区越中島2丁目1−30

アクセス:京葉線「越中島駅・3番出口」より徒歩3分

瑠璃と間宮亮が向かった居酒屋・「三徳」東京都江東区

ラブコメの掟がクランクインをした居酒屋のロケ地は「三徳」で、入り口にあるお面で特定できます。

瑠璃が惇太から恋愛相談をされた居酒屋として使用されています。

ドラマの撮影などによく使用されるお店で、記憶に新しいのは「姉ちゃんの恋人」の第1話にも使用されていましたね。

ストリートビューでロケ地を確認する→居酒屋「三徳」

住所:〒135-0006 東京都江東区常盤2丁目11−1 新光社ビル

アクセス:都営大江戸線「森下駅・A7出口」より徒歩4分

「ラブコメの掟」ドラマのロケ地や撮影場所~第2話~

【目覚めたら隣に年下男子!!】
酔っぱらって記憶をなくし、目覚めたら自分の部屋で隣に亮(小関裕太)の寝顔が。酔っぱらった勢いで瑠璃による恋愛指南として二人はお付き合いをする話になっていた。余裕をかまし亮を送り出す瑠璃だったが内心は「できっこない!」と動揺を隠せない。そんな瑠璃とは対照的にオフィスでも亮は平常モード。モヤモヤする瑠璃。そうした中、亮から「今日、一緒に帰りませんか?」と誘われ…。弟・惇太(草川拓弥)も助けてくれず、焦る瑠璃は、亮に連れられ夜景スポットへ。瑠璃の二人の“恋愛指南”ラブに思わぬ進展が!?

引用元:第2話|ストーリー|ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~

惇太が瑠璃からの電話を受けた場所・「住宅情報館湘南台店」神奈川県藤沢市

惇太が瑠璃からの電話を受けた場所のロケ地は「住宅情報館湘南台店」の前でした。

美容室へ向かう途中で急遽、姉の窮地を救うために駆り出されることになります。

Googleストリートビューでロケ地を確認する→住宅情報館湘南台店

住所:〒252-0802 神奈川県藤沢市高倉1219−1

アクセス:小田急江ノ島線「長後駅・東口出口」より徒歩11分

瑠璃と間宮亮が歩いていた場所・「都道405号線」東京都港区

瑠璃と間宮亮が歩いていた場所のロケ地は「都道405号線」でした。

仕事帰りに恋愛指南を受けていた場所ですが、瑠璃は惇太の遠隔サポートを利用して何とかこの状況を乗り越えます。

Googleストリートビューでロケ地を確認する→都道405号線

住所:〒105-0004 東京都港区新橋4丁目7

アクセス:上野東京ライン「新橋駅・A1出口」より徒歩5分

間宮亮が瑠璃を連れてきた公園・「柏の葉アクアテラス」千葉県柏市

間宮亮が瑠璃を連れてきた公園のロケ地は「柏の葉アクアテラス」でした。

好きな人と一緒に来たいと思っている場所へ行くと景色が綺麗な公園へ着きました。

思わず本音が出てしまった瑠璃を素直に受け入れる亮との会話が今後の展開を想像させます。

Googleストリートビューでロケ地を確認する→柏の葉アクアテラス

住所:〒277-0871 千葉県柏市若柴

アクセス:つくばエクスプレス「柏の葉キャンパス駅・東口出口」より徒歩8分

「ラブコメの掟」ドラマのロケ地や撮影場所~第3話~

ロマンチックな夜景スポットで「いつもフラれてばかり」と意外な事実を亮(小関裕太)から聞かされた瑠璃(栗山千明)。カッコつけて一人で帰ろうとした矢先に、つまづき亮に抱きかかえられ、そこからの…まさかのキス!!一夜明け、悶々として眠れなかった瑠璃は「あれは事故キス」と動揺を収めようとする。

職場でも亮を意識しないよう亮のことを「ただの電柱」と思いこもうとする瑠璃。そんな瑠璃の気持ちを知ってか知らずか、亮は「今週末デートしませんか?」とさらなる誘いをかけてきた!亮が選んだのは遊園地。

遊園地と言えば“観覧車で何かが起きる”のが少女漫画の定番。手に汗握る、二人のラブの行方は!?

引用元:第3話|ストーリー|ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~|主演 栗山千明|テレビ東京 (tv-tokyo.co.jp)

瑠璃と間宮亮がデートした遊園地・「東武動物公園」埼玉県南埼玉郡

瑠璃と間宮亮がデートした遊園地のロケ地は「東武動物公園」でした。

週末デートをすることになり、2人は遊園地へ行くことになります。

カップルの鉄板アトラクションである観覧車でどんな展開が待っているのか?

ストリートビューでロケ地を確認する!→東武動物公園

住所:〒345-0831 埼玉県南埼玉郡宮代町須賀110

アクセス:東武伊勢崎線「東武動物公園駅・西口出口」より徒歩14分

デートの帰り道・「八幡堀遊歩道」東京都江東区

瑠璃と亮が遊園地デートの帰りに歩いた道のロケ地は「八幡堀遊歩道」でした。

楽しく過ごせたお礼に亮はピアスをプレゼントしていました。

最初は遠慮していた瑠璃でしたが、家ではピアスを見て嬉しそうにしていました。

Googleストリートビューでロケ地を確認する→八幡堀遊歩道

住所:〒135-0047 東京都江東区富岡2丁目5−6

アクセス:東京メトロ東西線「門前仲町駅・1出口」より徒歩4分

「ラブコメの掟」ドラマのロケ地や撮影場所~第4話~

「観覧車では何かが起こる」と言われていた通り、亮(小関裕太)との初のデートで手をつないでしまい、帰り道にはプレゼントでピアスまでもらってしまった瑠璃(栗山千明)。次の日になってもデートの記憶が頭から離れず、すっかり主役気分になってしまっていた瑠璃は、「あれは私のデートじゃない」と心を落ち着かせようとする。

気を取り直して社長が招集をかけた会議に参加すると、そこに現れたのは親会社の専務の立花エリカ(堀田茜)。彼女の登場が思わぬ展開に!?パーフェクトキャリアウーマンの瑠璃の前に立ちはだかる彼女の正体とは一体!?

引用元:第4話|ストーリー|ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~|主演 栗山千明|テレビ東京 (tv-tokyo.co.jp)

瑠璃が新企画のために恋愛調査したところ・神奈川県横浜市「横浜駅前」

瑠璃が新企画のために恋愛調査したところのロケ地は「横浜駅前」でした。

調査という名目なのに、「恋愛」という言葉を口にした途端、受け応えしてくれていた人たちに逃げられてしまうのです。

Googleストリートビューでロケ地を確認する→横浜駅前

住所:〒220-0004 神奈川県横浜市西区北幸1丁目2−7

アクセス:京浜東北線「横浜駅北7出入口」より徒歩1分

「ラブコメの掟」ドラマのロケ地や撮影場所~第5話~

亮(小関裕太)と立花エリカ(堀田茜)がフロアーを出る姿を目撃した瑠璃(栗山千明)は、2人きりで話している内容を聞いてしまった。亮の振り向かせたい相手は、まさか元カノのエリカ…!?瑠璃は恋愛指南として亮と付き合っていたはずだが、なぜか自分がエリカにやきもちを妬いていることに気づく。
家に帰り酒を飲み気持ちを紛らわせようとするが、その姿を見た弟の惇太(草川拓弥)に呆れられてしまう。次の日から瑠璃は、自然と亮を避けるようになり、亮も自分が避けられていることを察する。しかし、事態は思わぬ展開に!?

引用元:第5話|ストーリー|ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~|主演 栗山千明|テレビ東京 (tv-tokyo.co.jp)

※第5話は新しいロケ地はありませんでしたが、瑠璃が勘違いしたまま別れた個人的に一番印象が強かったロケ地を紹介します。

瑠璃が恋愛指南を解消した場所・「八幡堀遊歩道」東京都江東区

瑠璃が恋愛指南を解消した場所のロケ地は「八幡堀歩道橋」でした。

一方的に瑠璃が伝えたいことを話して去っていきましたが、それを追いかけた亮が自分の気持ちを伝えるのか?

Googleストリートビューでロケ地を確認する→八幡堀遊歩道

住所:〒135-0047 東京都江東区富岡2丁目5−6

アクセス:東京メトロ東西線「門前仲町駅・1出口」より徒歩4分

「ラブコメの掟」ドラマのロケ地や撮影場所~第6話~

亮(小関裕太)に、恋愛指導を終わりにして今まで通り上司と部下に戻ろう、と告げた瑠璃(栗山千明)。泣きそうになるのを堪えながら走り去り、家に駆け込む。玄関に座り込んで顔を上げた目線の先には、本棚にある少女漫画の「今日、恋を始めます」。
「はじまる前に、終わっちゃった」と瑠璃がつぶやくと後ろから「勝手に終わらせないでください」と声が。ハッと振り返ると、そこには亮の姿が!瑠璃の後を追いかけてきた亮から衝撃の告白が…。果たして二人の恋の行方は…!?

引用元:第6話|ストーリー|ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~|主演 栗山千明|テレビ東京 (tv-tokyo.co.jp)

亮が告白した瑠璃の部屋・「和光スタジオ」埼玉県志木市

亮が告白した瑠璃の部屋のロケ地は「和光スタジオ」でした。

2年間も片思いしていた亮の想いが伝わったシーンです。

※閑静な住宅街なので聖地巡礼の際は周辺住民への配慮をしてください。

撮影に使用された場所はこちら→和光スタジオ 《撮影専用スタジオ》 | 株式会社アセェス (assess-re.jp)

Googleストリートビューでロケ地を確認する→「和光スタジオ」

住所:〒353-0007 埼玉県志木市柏町1丁目7−7

アクセス:東武東上線「柳瀬川駅・東口出口」より徒歩23分

亮と瑠璃が通勤した道・「彫刻通り」神奈川県横浜市

付き合った翌日に亮と瑠璃が通勤した道のロケ地は「彫刻通り」の歩道でした。

帰宅中に惇太に部屋の掃除をお願いしている道も同じ場所です。

電話中にぶつかった男性・賢治が意識を無くしてしまい、慌てる瑠璃との出会いに何か関係があるのか?

Googleストリートビューでロケ地を確認する→彫刻通り

住所:〒220-0004 神奈川県横浜市西区北幸2丁目3

アクセス:横浜市営地下鉄ブルーライン「横浜駅・9番出口」より徒歩4分

「ラブコメの掟」ドラマのロケ地や撮影場所~第7話~

亮(小関裕太)の、瑠璃(栗山千明)の家に行きたいというお願いから、汚い部屋を片付けるため、急いで家に帰る瑠璃。前から歩いてきた男・賢治(吉沢悠)と少しぶつかり、賢治が倒れてしまう…。
突然の出来事に慌てる瑠璃は懸命に声をかけるも、賢治は動かない。救急車を呼んで、病院に付き添って、家に帰ってきたらすっかり夜中になってしまった。やっと家に帰れた瑠璃は、力の限り片づけたものの、亮が瑠璃の家に来るまでのタイムリミットは残り1日。果たして彼氏との家デートは成立するのか!?

引用元:第7話|ストーリー|ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~|主演 栗山千明|テレビ東京 (tv-tokyo.co.jp)

※第7話では新しいロケ地はありませんでしたが、個人的に一番印象が強いロケ地を紹介します。

瑠璃と亮がお家デートした場所・「和光スタジオ」埼玉県志木市

瑠璃の自宅で亮が手料理を振舞ってお家デートした場所のロケ地は「和光スタジオ」でした。

自炊生活が多かった亮が腕を振るって作った料理はとても美味しく出来上がったようです。

泊まることになって緊張のあまり瑠璃が先に寝てしまったのですが、そこで亮が見たものは兄の名刺で、、、。

撮影に使用された場所はこちら→和光スタジオ 《撮影専用スタジオ》 | 株式会社アセェス (assess-re.jp)

Googleストリートビューでロケ地を確認する→「和光スタジオ」

住所:〒353-0007 埼玉県志木市柏町1丁目7−7

アクセス:東武東上線「柳瀬川駅・東口出口」より徒歩23分

「ラブコメの掟」ドラマのロケ地や撮影場所~第8話~

亮(小関裕太)がシャワーを浴びている間に、完全に眠ってしまった瑠璃(栗山千明)。すると亮は瑠璃の部屋に落ちていた名刺に気づく。そこにはなんと亮の兄である『真宮賢治』(吉沢悠)の名が…!?
次の日、会社で明らかに元気のない亮を見て、瑠璃は、自分が昨晩寝てしまったことに怒っているのだと勘違いをする。だが実際は、昨日の名刺のことで何か心に闇を抱えている亮。亮は賢治に電話をかけ、もう自分たちに関わらないように言ったのだった。亮と賢治の間には、いったい何があったのか!?そうした中、瑠璃と亮の前に、賢治が登場…!?

引用元:第8話|ストーリー|ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~|主演 栗山千明|テレビ東京 (tv-tokyo.co.jp)

亮と瑠璃が食事していたレストラン・「BAR&RESTAURANT BEE8」東京都渋谷区

亮と瑠璃が食事していたレストランのロケ地は「BAR&RESTAURANT BEE8」でした。

会話の内容は亮の兄・賢治の話であまり関わって欲しくはないと瑠璃に伝えていました。

てっきり、シャワーを待っている間に寝てしまった事を起こっていると思っていた瑠璃は安心していました。

撮影に使用された場所はこちら→BAR & RESTAURANT BEE8

Googleストリートビューでロケ地を確認する→BAR&RESTAURANT BEE8

住所:〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2丁目8−1 大和田ビル B1F

アクセス:京王井の頭線「渋谷駅・井の頭線西口出口」より徒歩1分

亮の家に瑠璃を誘った場所・「春海橋公園」東京都江東区

亮の家に瑠璃を誘った公園のロケ地は「春海橋公園」でした。

少しの間だけ家に来て欲しいと亮が瑠璃を誘い、一緒に行くことになったシーン。

てを繋ぎながら瑠璃がたまに飲んでいる「おしるこ」の話で盛り上がっていました。

Googleストリートビューでロケ地を確認する→春海橋公園

住所:〒135-0061 東京都江東区豊洲2丁目3

アクセス:ゆりかもめ「豊洲駅・1A出口」より徒歩6分

「ラブコメの掟」ドラマのロケ地や撮影場所~第9話~

明後日が亮(小関裕太)の誕生日だと知った瑠璃(栗山千明)。誕生日を誰からも祝ってもらったことがないと聞き、瑠璃は「真宮君の今までの分も全部ひっくるめて、最高の誕生日にするから」と並々ならぬ決意を亮に告げる。
とはいったものの、恋愛ド素人の瑠璃には何をすればいいかさっぱりわからない…。少女漫画やネットに頼りリサーチするも、なかなかいい案が見つからず、会社のメンバーにそれとなく聞いたりしてアイデアをまとめる。誕生日当日、会社ではある事件が!果たして瑠璃は最高の誕生日にすることができるのか?!

引用元:第9話|ストーリー|ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~|主演 栗山千明|テレビ東京 (tv-tokyo.co.jp)

千里のコメントを撮ったスタジオ・「Sound Valley」東京都新宿区

漫画のタイトルを急遽変更することになり、千里に宣伝コメントを変更してもらったスタジオのロケ地は「Sound Valley」でした。

ギリギリのタイムスケジュールの中で何とか撮影は間に合ったようです。

撮影に使用された場所はこちら→studio A-tone(スタジオ アートーン)港区新宿区に大、中、小のレコーディングスタジオを所有、ロケ地、撮影利用可能 

住所:〒160-0003 東京都新宿区四谷本塩町15−12 カーサ四谷羽毛田ビル

アクセス:東京メトロ南北線「市ヶ谷駅・7番出口」より徒歩7分

「ラブコメの掟」ドラマのロケ地や撮影場所~第10話~

朝、瑠璃(栗山千明)の家で目覚める亮(小関裕太)。賢治(吉沢悠)からの着信が来るが、亮は無視をする。しかし瑠璃から、賢治が倒れた原因が過労だったと聞き、亮は賢治に会うことを決意する。
次の日、会社で明らかに元気がない亮を見て、瑠璃は会議室に呼び出す。
亮は、昔賢治に家から出て行けと言われたのに、今更になって会社を手伝ってくれと言われ、混乱をしていると打ち明けた。その姿を見た瑠璃は、賢治に会うことにする。
賢治の意思を確認すべく、話をした瑠璃。すると、賢治から衝撃の発言が…。

引用元:第10話|ストーリー|ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~|主演 栗山千明|テレビ東京 (tv-tokyo.co.jp)

賢治が経営している会社・「高商スタジオ東大和オフィス」東京都東大和市

賢治が経営している会社の内観に使用されたロケ地は「高商スタジオ東大和オフィス」でした。

瑠璃と賢治が亮について話していましたが、内容はどんどんヒートアップしていきます。

別れることをお願いされた瑠璃が出した答えとは、、、、。

撮影に使用された場所はこちら→東大和オフィス – 高商スタジオ (takasho-studio.jp)

Googleストリートビューでロケ地を確認する→高商スタジオ東大和オフィス

住所:〒207-0021 東京都東大和市立野2丁目1−1

アクセス:多摩モノレール「上北台駅・4番出口」より徒歩4分

「ラブコメの掟」ドラマのロケ地や撮影場所~第11話~

瑠璃(栗山千明)は賢治(吉沢悠)に、亮(小関裕太)と別れてほしいと言われてしまう。賢治の言った「自分のために生きてほしい」という言葉に引っかかる瑠璃。亮だって自分のために生きている、と考えつつも、亮は今の仕事を辞めて、賢治のところに戻りたいのが本心なのではないかと考える。

次の日、瑠璃は会社で思い切って亮の本音を聞いてみることに。すると、亮は兄の誘いを少し嬉しいと思っていたことを打ち明ける。亮の本音を聞いた瑠璃は、思わぬ決断に走る…!?

引用元:第11話|ストーリー|ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~|主演 栗山千明|テレビ東京 (tv-tokyo.co.jp)

※第11話では新しいロケ地はありませんでしたが、印象的なロケ地を紹介します。

瑠璃が亮に別れを切り出した場所・「柏の葉アクアテラス」千葉県柏市

瑠璃が亮に別れを切り出した場所のロケ地は「柏の葉アクアテラス」でした。

賢治の想いを亮に伝えて、自分に依存させないように瑠璃は距離を開けることにしました。

陵も自分の本当の気持ちに気付いたのか、2度目は引き留められませんでした。

Googleストリートビューでロケ地を確認する→柏の葉アクアテラス

住所:〒277-0871 千葉県柏市若柴

アクセス:つくばエクスプレス「柏の葉キャンパス駅・東口出口」より徒歩8分

「ラブコメの掟」ドラマのロケ地や撮影場所~最終回~

「離れよう」と告げた瑠璃(栗山千明)。亮(小関裕太)に背を向けて歩き始める瑠璃の後を追えず、亮は立ち尽くした。
次の日、職場からの帰り際、瑠璃の前に突然、亮が現れ会議室に引っ張り込まれる。別れに納得がいかない亮は「俺はもう1回片思いするだけです」と訴える。その瞬間、突然力が抜けて、亮は倒れてしまった。

亮を家に送り届けた後、本棚の少女漫画をおもむろに捨てようとする瑠璃。すると、「なまえのないお姫様」という一冊の絵本が瑠璃の目に飛び込んできた。亮との思い出を振り返りながらページをめくる瑠璃…その時、瑠璃の手が止まった。二人の運命の歯車がまた大きく動き出す!

引用元:最終回|ストーリー|ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~|主演 栗山千明|テレビ東京 (tv-tokyo.co.jp)

最終回の予告はこちら

「ラブコメの掟」のキャストや相関図

九条 瑠璃(栗山千明):電子コミックの編集部で働く優秀な社員。見た目の美しさと言動で恋愛経験が豊富と周りからは思われているが、実は恋愛は素人以下で知識は恋愛漫画しか持っていない。

間宮 亮(小関裕太):付き合っても3ヶ月以上続かないと悩んでいる瑠璃の後輩・間宮は見た目も中身もパーフェクト!瑠璃に恋愛相談を持ち掛け、流れで恋愛の指南を教わることになるのだが、、、。

「ラブコメの掟」のロケ地を最新話まで紹介!画像付きで聖地巡礼!まとめ

ラブコメの掟のロケ地について詳しい詳細が分かりましたら追記していきます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ラブコメの掟~物語のあらすじ~

4月クールの深夜の水ドラ25枠にて、「ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~」を放送することが決定しました。

主演はテレ東深夜の連続ドラマ初主演となる栗山千明。綺麗でスタイル抜群、仕事も優秀な“百戦錬磨”風パーフェクトウーマンなのに、実際は彼氏いない歴15年の超ド級な恋愛初心者・九条瑠璃を演じます。

共演は甘いマスクで人気の若手俳優・小関裕太。“見た目も中身も百戦錬磨”、なのに振られ続けてきたという後輩・真宮亮を演じます。恋愛経験がほとんどなく、“少女漫画頼み”な瑠璃がひょんなことから、小関演じる亮に恋愛指南をすることに!

恋愛経験豊富な仮面を被ったこじらせ姫と笑顔の下に本音を隠した年下王子の嘘から始まる、“トキメキ”必至のラブコメにご期待ください。

引用元:4月クールの深夜の水ドラ25枠「ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~」を放送決定! |ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~|主演 栗山千明|テレビ東京 (tv-tokyo.co.jp)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして。ありすと申します。 愛犬獅子丸が3歳半という短い人生を旅立ったことがきっかけとなり、このブログを始めました。 大好きな愛犬の一生を健康に楽しく!そして、少しでも長く一緒に過ごせるよう、有益な情報をお届けして参りたいと思っております。 どうか、このブログを通じて、よりたくさんの方が愛犬と幸せに過ごせますように!