台風10号2020のヨーロッパ進路予報!現在の最新情報は?

2020年台風ラッシュの中で台風9号メイサークを追うように10号ハイシェンが発生しています。発生している台風9号と10号の最新の進路予報や風の強さをヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)と米軍台風警報センター、気象庁、ウェザーニュース、Windyの情報を中心に紹介していきます!

台風10号2020のヨーロッパ進路予報!

ヨーロッパ中期予報センターによると9月2日に台風10号ハイシェンのたまごから発達して台風と確認されました。場所は小笠原諸島南部、今後の進路予報によると勢力を強めながら日本近海ではダブル台風の発生となっており、4日までは9号、その後7日までは10号の影響は日本へ被害をもたらすと考えてよいでしょう。台風9号メイサークが九州を抜けた後も10号ハイシェンが追うような進路になっているので注意してください。

今回の台風10号ハイシェンは中国で名前が付けられ「海神」という意味のようです。140の台風の名前の順番の72個目にあたります。ちなみに9号はカンボジアで付けられて「木の名前」でメイサークといいます!

※予報図の色の違い=風速で、「黄色:10M」「黄緑:15M」「緑:20M」「濃い緑:25M」とされています。

9月1日台風9号が沖縄から九州へ進路を進めている中で小笠原諸島南部で台風10号ハイシェンのたまごが出来ています。米軍台風警報センターでも台風になるのは確実と言われており、早くて2日には発達すると発表されています。

9月2日台風9号メイサークが西日本を中心に猛威を振るっている中、右下の小笠原諸島南部で10号ハイシェンのたまごが台風へ発達し、勢力を蓄えながらゆっくりと北上していきます。9号は日本海を沿うように抜けていく予報となっていますが、10号の行方は違う進路を通過するのか?

台風9号と10号の今後の進路は?

3日9号の猛威が西日本を抜けていく中で追うように発生した台風10号ハイシェンはさらに勢力を発達させながら停滞しているようです。2020年の台風は勢力を強めてから日本へ向かって行くような印象がとても強く感じます。気圧配置的には下から上に押し出すようにダブル台風が確認できているので今後の進路がどのように変化していくのか?暴風雨などの被害など細心の注意を払ってください。

4日には9号が完全に日本海を抜けて中国へ向かう予報なのでピークは過ぎますが、小笠原諸島南部で発達した台風10号ハイシェンがゆっくりと日本へ接近してきています。

5日、勢力を強めながら進んでいる10号ハイシェンは日本へ上陸する態勢へ、9号から続く台風ラッシュで当分の間は日本へ甚大な被害を与えていくことは覚悟した方が良いでしょう。

6日、日付が変わると同時に日本へ上陸した台風10号が猛威を振るいます。2019年の台風19号の被害が落ち着いていない関東でも暴風雨の影響が続いているので、更に被害が広がらなければ良いのですが、、、このまま大きな被害もなく日本を抜けてくれることを祈ります。

7日、日本を貫通するように過ぎていった台風10号ハイシェンは日本海を抜けて北上しています。あくまでも先の予報なので絶対はありませんが、「令和2年7月豪雨」や「2019年台風19号」の傷跡が広がる結果になるような気がしてなりません。現地の方は万全の対策と備えは用意して安全宅策を!

台風10号の動きを米軍台風警報センターで予測!

9月1日現在で10号ハイシェンのたまごは小笠原諸島南部で発生中と確認されています。2日には台風10号と確認され、台風9号メイサークと同じ進路で沖縄を通過しながら九州へ進んでいく予報となっています、次の台風のたまごは今のところ確認されていないので10号に全集中してください。

日本とアメリカの台風の数え方の違い:日本の場合は北西太平洋(下図でいうABPWのみ)で発生した台風だけに台風番号を付けるので米軍台風警報センターの数より少ないようです。(ちなみに台風1号としてを数えるのは毎年1月1日以降に発生したものから)
(下の図の台風10号メイサークと表記があるものが日本の台風9号と考えて大丈夫です!)

JTWCを日本基準に合わせて確認する2ポイント!

①IMAGE TIME:▲▲(日付)/〇〇〇〇Z(時間)に+9時間を足すだけで日本時間に!

例えば23/1800Zの場合は+9時間を足すと日本時間で24日の朝3時の情報ということですね!

②台風が発生するタイミングを知らせる3種類の表示!

・【黄丸】24時間以内に台風に発達する可能性は低い
・【オレンジ丸】台風に発達する可能性が高いが24時間以上かかる
・【赤丸】24時間以内に台風に発達すると思われる

台風が発生したら(発生が確定している)赤い矢印で台風の位置を表示してくれます!※TY→台風 TS→17~25m/sの台風 TD→熱帯低気圧(17m/s以下の台風のたまご)

台風10号の風の動きをWindy(瞬間最大風速予報)で予想!

9月2日に台風9号メイサークを追うように小笠原諸島南部で発生した台風10号ハイシェンは5日には沖縄へ到達の予定です。Windyで確認していくと今後の風速予報では9号と同じ勢力まで発達しながら沖縄へ向かうでしょう!3日の夜には台風9号は抜けていきますが、10号が同じ進路になる可能性が高いので西日本の方は9号が去っても気を抜かないようにしてください。

※画面の左下の再生ボタンを押すことで台風のたまごの発生タイミングや今後の風の流れ、最大瞬間風速を確認することが出来ます!画面下の0~60の数字と色の濃さで最大風速が分かりますので参考にしてください。

台風10号の最新情報は?(気象庁)

最大瞬間風速が60m/sになるので台風10号の対策は万全に備えておいて、早めの行動が出来るようにアンテナを張っておくことが大切な家族を守ることにつながることは忘れないで過ごしたいですね!

気象庁で9月1日には台風9号の横に10号のたまごが!

台風情報(全体)
<02日12時の予報>
強さ
存在地域 小笠原近海
予報円の中心 北緯 21度50分(21.8度)
東経 142度05分(142.1度)
進行方向、速さ 西 10km/h(6kt)
中心気圧 996hPa
中心付近の最大風速 20m/s(40kt)
最大瞬間風速 30m/s(60kt)
予報円の半径 150km(80NM)

 

引用元:気象庁ホームページ

 

 

2日の予報では中心の気圧が1000hPa以下で風速も17m/sを超えているので台風10号と発表される可能性が高いですね。

※渦の中心の気圧(1気圧1013hpa)よりも下がることによって、台風が発生します。
弱い 990hpa以上
並み 960~989hpa
強い 930~959hpa
猛烈 900hpa

気象庁による台風9号10号の今後の進路予想は?

台風第9号 台風第10号

台風9号は3日には日本を通過して非常に強い→強いへ変わる予報です。ただ、抜けたとしても風や波はもちろん、雨や気温の上昇は続きますので警戒を怠らないようにしてください。

一方、台風10号は4日に非常に強い勢力に変りながら沖縄へ、5日には9号と同じように最大瞬間風速が70m/sへ発達する予報となっております。進路も西日本を中心に進みますので建物の倒壊に注意が必要です。

台風10号のリアルタイム情報をウェザーニュースで放送中!

世界に比べると発表がどうしても遅れてしまうのでヨーロッパ中期予報センターや米軍台風警報センターの情報は沖縄や西日本の方々には大切な情報源となっていると思いました。来てからでは対応が後手になってしまうので先の見える情報はありがたいと感じてしまいますね!

台風は海水温度の上昇によって赤道付近で水蒸気が集まることで台風のたまごが作られます。2020年の台風は勢力が強いものが多く日本へ向かってくる数は8月と9月の合計でで年平均15個もあります。特に水深が50~100メートルの海岸近辺の沖では台風のエネルギーが多く作られるので急激に発達する可能性が高いようです。

詳しく知りたい方はこちらから→台風について知っておきたい事5選!ずっと使えるハナタカ知識!

ウェザーニュースの9月3日のリアルタイム情報!

台風10号2020のヨーロッパ最新進路予報!まとめ

台風10号ハイシェンが9月2日に台風へ発達しました。今後の予報では9号と同じ進路予報になっていますので今後の進路予報が分かり次第お伝えしていきたいと思います。台風ラッシュに備えて今からできる対策と備えを取っておきたいですね!

関連記事
台風について知っておきたい事5選!ずっと使えるハナタカ知識!
台風が自然環境に必要って本当?メリットとデメリット教えます!

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして。ありすと申します。 愛犬獅子丸が3歳半という短い人生を旅立ったことがきっかけとなり、このブログを始めました。 大好きな愛犬の一生を健康に楽しく!そして、少しでも長く一緒に過ごせるよう、有益な情報をお届けして参りたいと思っております。 どうか、このブログを通じて、よりたくさんの方が愛犬と幸せに過ごせますように!