アベノマスクの回収量が異常事態!税金が寄付へなってヤバイ!

新型コロナウィルスの感染予防のために国民に配られることになった「アベノマスク」ですが、
全国からの回収量が異常事態になっているようだ。
薬局などでマスクが出回るころに配られているマスクですが、
私たちの税金が結局、寄付へ回っているリアルな実態を紹介します。

アベノマスクの回収量が異常事態!

医療や介護の事業者らでつくる「なごや高齢者見守りネットワーク(みま~も名古屋)」が主催し、15日から回収活動を行っているキョーワ薬局御器所店(名古屋市昭和区)。29日、マスクを必要とする介護施設や障害者施設などへの発送に向け、仕分けや検品、箱への詰め込みを行った。

この日、密閉・密集・密接の「3密」を避けるために外で作業している間も、アベノマスクを持参する人が相次いだ。近くから来たという女性(48)は「家族用には手作りしたので不要です」と持ち込んだ。

キョーワ薬局は愛知、三重、岐阜、静岡の4県の計86店舗に回収箱を設置。未開封や未使用のものを対象に、一般のマスクも含めて6月30日まで回収している。寄せられたうち9割がアベノマスクで、約3千組(2枚1組)にのぼる。国は1世帯1組、約6千万組を全世帯に配布中だ。

関東や関西、九州などからも寄せられ、「みま~も名古屋」副代表の池田裕樹さんは「回収箱の前で記念写真を撮る人もいた。想定外の多さだ」と驚く。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/79227dcf81aea1237c0ee2193d78b68433cadb24

他の地域でも「アベノマスク」の回収は行われている。

・北海道中標津町


・仙台のNPO法人

ネットの反応は?

今回の「アベノマスク」を私は小学校に寄付しようと思っています。

子どもは忘れ物も多いでしょうし、授業中に落としてしまう子も多いと思うので。

私の家にはまだ届いていませんが、届いたら近隣の学校に問い合わせてみようと思います。

アベノマスクが私たちの税金だということ!

アベノマスクで掛かった税金は466億円!

マスクの購入費用として政府は1枚当たり200円程度を見込んでいたようで、

全世帯2枚ずつの配布を行うにあたり1億3000万枚を調達した。

2019年度の予備費約233億円と、2020年度補正予算案に計上した233億円を合わせた計466億円を使用する計画だった。

この最初の233億円の内訳は、6500万枚の購入費が169億円、運送・梱包費が64億円ということ。

詳しくはこちらから→ウィキペディア

・使用している人は2%という事実

一見、美談のように書かれているが、アベノマスクに数百億の税金が投入されていることを忘れてはいけない。

こういう結果になるのであれば、マスクを必要としている介護施設や障害者施設、高齢者施設などに対して、

政府から直接マスクを交付したほうが無駄が少なくもっと迅速に渡せたと思います。

今回の新型コロナウィルスで政府の信用性はほとんどなくなってしまったと思う。

アベノマスクの回収量が異常事態!税金が寄付へなってヤバイ!まとめ

今回は緊急事態宣言が終わりと同時にマスクの需要が増えてくる中、各ドラッグストアなどで在庫が出てきたマスク、

同時にポストへ寄付されていくアベノマスクの回収量が異常事態になっていることについて紹介してきました。

中にはまだ届いていない家庭もある中であまりにも対応が遅れていることに国民の政治不安は大きい。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして。ありすと申します。 愛犬獅子丸が3歳半という短い人生を旅立ったことがきっかけとなり、このブログを始めました。 大好きな愛犬の一生を健康に楽しく!そして、少しでも長く一緒に過ごせるよう、有益な情報をお届けして参りたいと思っております。 どうか、このブログを通じて、よりたくさんの方が愛犬と幸せに過ごせますように!