愛犬はいつか病気になります

こんにちは、ありすです。今日は、もしも愛犬が治る見込みのない病気になってしまったら、私たち飼い主は愛犬に何をしてあげればいいのか、ということについて、書いていきたいと思います。

愛犬の健康にどんなに気をつけていても、愛犬は私たち飼い主よりも早く老いてしまい、そして病気はやってきます。そして、その病気が治る見込みがなかった場合、愛犬のためにいくつかの選択をしなくてはいけません。その選択について病気になってから考えるのではなく、元気なうちから家族で話し合って、ぜひ悔いのない選択をしてほしいと思います。

では、愛犬が病気だとわかったとき、どこまで治療を行うべきでしょうか?最近は、人間同様の治療を受けることができるようになり、癌であっても早期に発見されれば、手術や抗がん剤・放射線治療などを行い、完治する可能性もあるようです。ただ、愛犬の性格や年齢を考えたうえで、どのような治療に進むべきかを決めることになります。

ストレスに弱い子や病院が苦手な子、また、年取った老犬であれば、治療をしたことで心臓を悪くしてしまったり、副作用で苦しむかもしれません。治療することが最善とはいえないのです。できるなら、その子にあった治療を行うことが大事で、飼い主さんが決めかねている場合は、動物病院で相談してもいいと思います。飼い主さん自身が納得することが大事です。

また、看病する飼い主さんの生活スタイルによっても変わってきます。いつも家に誰か居て愛犬と一緒に過ごしているのか、それとも飼い主さん自身が家で愛犬と一緒に居られるのか、仕事をしているため愛犬は日中お留守番しているのか、など、状況によって様々です。

私の場合をお話します。私は愛犬獅子丸と生活をしていた頃、まだ独身でした。そして、日中は正社員で仕事をしていました。そして、獅子丸が病気だとわかり、悩みました。しかし、悩んでも仕方のないことでした。私が獅子丸にしてあげられる、できる限りのコトをしてあげるしかなかったのです。たまたま、顔なじみの動物病院が夜も診療していましたので、仕事が終わってから獅子丸を病院に連れて行ったこともありました。私は獅子丸の最期を看取ることができました。本当に我慢強い子で、最後の最期に私に助けを求めてきました。そして、私の腕の名で亡くなりました。

あとからあとから後悔は押し寄せてくるもので、過去の自分の行動を悔やみました。ただ、あの時こうしておけばよかった、だけでは、獅子丸も私も報われないと知り、自分自身を許すために、獅子丸との楽しい日々を思い返すようになりました。

そしてやっと、ブログという形で、発信することができるようになりました。

絶対にやってくる病気に私の愛犬がなったら嫌だなと思うだけではなく、愛犬を我が家に迎え入れたときから、少しずつ準備できると、愛犬におけるすべてのことを受け入れることができると思います。

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして。ありすと申します。 愛犬獅子丸が3歳半という短い人生を旅立ったことがきっかけとなり、このブログを始めました。 大好きな愛犬の一生を健康に楽しく!そして、少しでも長く一緒に過ごせるよう、有益な情報をお届けして参りたいと思っております。 どうか、このブログを通じて、よりたくさんの方が愛犬と幸せに過ごせますように!