犬にとっての適温とは?

こんにちは!ありすです。今日は、愛犬にとっての適温についてお話していきたいと思います。

実は犬種によって適温の違いがあることはご存知でしょうか?違いの見極め方として、長毛種なのか、短毛種なのか、また、アンダーコートかロングコートかによって変わってきます。一般的な話になりますが、毛が長いと15~20度、毛が短いと20~25度程度といわれています。

そして、気温だけでなく、湿度も関わってきます。

適温と考えると、どうしても室温だけに注意がいってしまいますが、夏場や梅雨の時期などは湿度についても管理することで、熱中症から愛犬を守ることができます。犬にとって適切な湿度は、40~60%程度といわれており、それ以上になると体調を崩す恐れがありますので注意が必要です。

それではまず、これから迎える夏に向けて、愛犬にとっての適温を見極めていきましょう。

犬にとって夏場はとにかく暑くて、バテてしまいがちです。とくに、毛が長い犬種は熱中症に陥る危険性があります。では、どのようにして気をつけてあげるといいのかと申しますと、愛犬が飼い主であるわたしたちに出しているサインを見逃さないことが、重要なポイントになってきます。

①ぐったりしている ②水をやたらと欲しがる ③舌を出して苦しそうに息をしている ④冷たい場所で寝たがる 以上これらのサインにできるだけ早く気付いてあげることが大事です。

では逆に、冬場はどうなのか、お話していきます。

冬になると、通常のご家庭では暖房を入れていることが多いかと思います。人間にとってはちょうどいいと感じる室温であっても、犬にとっては寒すぎるといった場合があります。とくに、毛の短い犬種にとって、寒さは体調に影響してしまうことがあります。夏場と同様に、寒すぎるときに出すサインを挙げてみます。

①小刻みに震える ②体を小さく縮める ③うずくまって寝ている ④飲む水の量が少なくなっている このような状態が長時間続くと、命の危険に陥る可能性もあります。室温の調整を心がけましょう。

ここまでは、愛犬が辛いと感じるときのサインをご紹介してきました。反対に、愛犬が適温だと感じているときのサインといいますと、呼吸が安定しており、元気に過ごしているならば、適温だと思っていいでしょう。

人間ならば、暖房や冷房を消したり、ほかの部屋に移動したりという行動ができますが、犬は自分で冷暖房の調節ができません。夏場であれば、クールマットや冷感ベッドなどを置いてあげたり、冬場であれば、保温機能がついているベッドやマットなどを使ってあげましょう。

愛犬が快適に元気に過ごせるようにわたしたち飼い主が気をつけてきましょうね。

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして。ありすと申します。 愛犬獅子丸が3歳半という短い人生を旅立ったことがきっかけとなり、このブログを始めました。 大好きな愛犬の一生を健康に楽しく!そして、少しでも長く一緒に過ごせるよう、有益な情報をお届けして参りたいと思っております。 どうか、このブログを通じて、よりたくさんの方が愛犬と幸せに過ごせますように!