2020年8月12日の夜はペルセウス座流星群を観よう!コロナさらば!

来週、2020年8月12日の夜、ペルセウス流星群が観られるようです。

1年に一度のこの時に夜空を見上げてみませんか?星の自然現象をみんなで観測して、コロナ終息を願いましょう。

こちらでは、ペルセウス流星群の観られるベストな場所、時間などを詳しくお話していこうと思います。

2020年8月12日の夜はペルセウス座流星群を観よう!

夏の風物詩であるペルセウス座流星群が、今年も日本にやって来ます。

国立天文台によれば、活動が最も活発になるのは、8月12日22時から13日未明の間。観測に適したタイミングとしては、13日未明とのことです。月明かりで見えにくい恐れはありますが、条件が整えば、1時間に最大30個ほどの流れ星を観測できるようです。

「ペルセウス座流星群」の評価は?

 SNS分析ツールで調べた結果、56%がポジティブな反応に分類されました。楽しみにする声や、良好な観測条件を喜ぶ声などが聞かれました。一方、44%はネガティブな反応となりました。こちらは、観測できるか不安に思う反応などが見られました。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/32e21572e8cd0920e6d99b043096c243404dbc83?page=1

リアルタイム動画はこちら!

ネット上の反応は?

ペルセウス座流星群、ぜひ観たいものです。!来週のお天気が気になりますね。

獅子座流星群について→こちら

ペルセウス座流星群が観えるベストな時間帯、場所を紹介

毎年観ることができる「ペルセウス流星群」、この時期がとうとうやってきました!

観察できるチャンスは、2020年8月11日夜から8月13日の夜まで3夜にわたって観ることができます。いずれの夜も午後9時頃から流星が出現し、夜半を過ぎて明け方に近づくにつれて流星の数が多くなると考えられています。

中でも、8月12日22時以降がもっとも多くペルセウス流星群を観ることができ、なんと1時間に30個程度の流星が出現すると予想されています。

観測する際には、月がない方角がオススメで、できるだけ空の広い範囲を見渡すようにするのがいいようです。

新型コロナウイルス感染症が流行している今ですが、夜空を観る場所では自然とソーシャルディスタンスが取れるはずなので、思いっきり観測して、思いっきり「コロナ終息」を願って、モチベーションをあげましょう!

ペルセウス流星群を観るためにシミュレーションしよう!

2020年8月12日の夜はペルセウス座流星群を観よう!コロナさらば!まとめ

ここまで、「2020年8月12日の夜はペルセウス座流星群を観よう!コロナさらば!」について書き進めてきました。

天気が晴れることを祈って、12日の夜からペルセウス流星群を観る準備をしましょう!

思いっきり週のど真ん中ですが、ここは色々な願いを叶えるために、流星群観測します!

関連記事
獅子座流星群2020年の見どころは?しっかり予習しておこう!
11月の流星群は火球が多い?その理由教えます!
流星群の仕組みとは?流れ星はこうやって見える!
流星群は時間を操作されていた?その真相教えます!
流星群が見える時間は?コロナ収束を願い流れ星を見よう!
ネオワイズ彗星を観よう!これぞ流れ星だ!

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして。ありすと申します。 愛犬獅子丸が3歳半という短い人生を旅立ったことがきっかけとなり、このブログを始めました。 大好きな愛犬の一生を健康に楽しく!そして、少しでも長く一緒に過ごせるよう、有益な情報をお届けして参りたいと思っております。 どうか、このブログを通じて、よりたくさんの方が愛犬と幸せに過ごせますように!