新型ブニヤの危険レベルと終息の可能性は?検査に必要なことは?

新型ブニヤウイルス(SFTS)が中国で少数感染が確認されています。
新型コロナ同様に危険レベルの感染症と聞いていますが、中国国内での終息の可能性は少ないのでしょうか?
仮に日本に入ってきた場合に検査時に必要なものはあるのかを紹介していきます。

新型ブニヤの危険レベルと終息の可能性は?

・危険レベルは?

新型ブニヤウイルス感染症は中国江蘇、山東、浙江各省の一部地域で感染が確認されているようです、

2020年の8月に入ってから徐々に報告数が増えてきたようですが、実は2011年に一度流行していたようです。

なので、新型コロナウイルスのように全く新しいウイルスというわけではないので未知の感染症ではない可能性が高いです。

・終息の可能性は?

新型ブニヤウイルス感染症はSFTSウイルス(ブニヤウイルス科フレボウイルス属)に感染することによって起こる感染症です。

感染経路は主にマダニに噛まれることであり、タカサゴキララマダニとフタトゲチマダニの成虫に噛まれることで感染します。

マダニが絶滅しないといけないので、終息は難しいかもしれませんが、予防策は十分に立てることが出来るということですね!

ただ、中国での感染例としては患者の体液(飛沫)や血液との接触によって感染した例も報告されています。

新型ブニヤウイルスの初期症状は?重症化したらどうなる?

新型ブニヤウイルス感染症の原因となるはSFTSウイルスは6~14日間の潜伏期間を経て感染が成立します。

1~7日間、38度を超える発熱が見られます。また、嘔気、嘔吐、下痢、下血、腹痛といった消化器系の症状、頭痛、筋肉痛、出血症状、リンパ節の腫脹などが見られます。

軽症の場合にはこのまま自然に治癒していき、約2週間ほどで完治に向かっていきますが、重症化すると感染から8日~14日以内に臓器不全に陥る等命の危険を伴います。

症状はほかの疾患でも起こることのあるもののため、新型ブニヤウイルス感染症であるかどうかの判断が非常に難しく、新型ブニヤウイルス感染症がまだ認知されていなかったときには、HIV感染に似た症状であったためいわゆる「陰性エイズ」というように呼ばれていました。

特異的な治療方法や特効薬がないため、対処療法が中心となります。

引用元:https://www.clinicfor.life/articles/covid-061/

ネットではブニヤウイルスについてこんな意見も!

注意することが一番良いですが、もしも初期症状が出たら色々な角度からの可能性を考えてみることが大切ですね!

新型コロナの影響もあるのであまり、病院に行きにくい方は一度相談してからが安全!

新型ブニヤの検査に必要なものは?

検査方法としては血液検査が主流になっていますので保険証くらいで十分です。

症状が出ていないのであれば、数日間の中でマダニに吸血されたかどうか?

新型コロナや熱中症の可能性が無いかどうかを電話で先に伝えることが受診のポイントになってくるでしょう!

新型ブニヤだった場合、血小板や白血球の減少が見られ、出血しやすい状態となっています。

重症化してしまうと網膜炎による失明の可能性や肝機能の低下が見られます。

白血球や血小板が少なくなるとどうなるの?

新型ブニヤの危険レベルと終息の可能性は?検査に必要なものは?まとめ

新型コロナや熱中症が流行っている中でさらに気を付けないといけない感染症が話題になっています。

知識があるだけで十分対応できる感染症なので冷静に対処していきたいですね!

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして。ありすと申します。 愛犬獅子丸が3歳半という短い人生を旅立ったことがきっかけとなり、このブログを始めました。 大好きな愛犬の一生を健康に楽しく!そして、少しでも長く一緒に過ごせるよう、有益な情報をお届けして参りたいと思っております。 どうか、このブログを通じて、よりたくさんの方が愛犬と幸せに過ごせますように!