コロナは飛沫以外に感染する?マスクしても意味がない理由は?

コロナの影響で自宅以外でのほとんどの時間をマスクを着けて過ごしている方は多いだろう。対策として飛沫感染防止のためにマスクが効果的なのだが、空気感染の可能性を発表している研究者もいる中でマスク以外での感染はあるのだろうか?今回はその実態を紹介していきます。

コロナウィルスが飛沫以外に感染する可能性は?

2020年4月5日にWHOが発表した情報によると、現時点では、新型コロナウイルスが蚊やハエで感染することを示す情報や科学的根拠はないという。厚生労働省も「これまでのところ、新型コロナウイルスがハエや蚊を介して人に感染した事例は見つかっていない」と発表している(Q&A一般の方向け7月17日時点版)。

一般的な衛生対策として、身の回りに蚊やハエを増やさないよう、周囲の清掃などを行うことが大切だという。手洗いは、たとえ流水だけであったとしても、ウイルスを流すことができるため有効。石けんを使った手洗いはコロナウイルスの膜を壊すことができるため、さらに有効だ。手洗いの際は、指先、指の間、手首、手のしわなどに汚れが残りやすいため、これらの部位は特に念入りに洗うことが重要。また、流水と石けんでの手洗いができない時は、手指消毒用アルコールも同様に脂肪の膜を壊すことによって感染力を失わせることができる。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/091b4701f4636dfe3cd599c0d5b62f63213d090f

コロナウィルスの種類や感染経路の復習はこちらから!

ネットの反応は?

コロナの感染の恐ろしい所は、もちろん感染経路が他にもあるかもしれない可能性。そしてワクチンがしっかりと確保できていないという不安感が一番、恐ろしい所かもしれませんね。安心できるワクチンや薬があると行動の範囲は広がっていくでしょうし、経済問題も解決に向かうでしょうね。

コロナはマスクをしても感染するって本当?

――マスクでは感染を防げない、という声は、以前からありました。

私たちはマスク着用時の空気の流れを数値流体力学の手法を用いて分析しました。北九州市立大学の白石靖幸教授がコンピューターによるシミュレーション解析を行ったところ、マスクを着けた場合、吸っている空気のうち、マスクを通して吸引している空気は少量、マスクの顔への密着度がよくない場合は約1割で、横の隙間から吸っている空気が大半、約9割に達するという結果が出ました。空気には、なるべく抵抗の少ないところを通るという性質があるからです。

――そうなると、マスクを着けても意味がないことになりそうです。

いいえ、大きな意味があります。それは、自分が吐き出す空気に含まれる飛沫が拡散するのを防ぐということです。自分が吐き出す空気、これを吐き出し気流といいます。吐き出し気流は流体力学の言葉ではジェットと呼ばれます。ジェットは拡散しにくくまっすぐに進みます。そして、マスクと顔の脇の隙間を通らずにマスクを通過します。咳やくしゃみをしたときに出る飛沫は比較的大きく、マスクでも十分捕集できます。

マスクには、もし自分が感染している場合、自分から出る飛沫に伴う周囲の人たちへの感染防止効果があります。新型コロナウイルスは、感染しても無症状な人が多く、自分で感染していると知らないままウイルスを拡散させているケースが多いとされています。マスクの着用は、本人のためというよりは社会のためで、公共財としての空気の清浄維持に通じるものなのです。

――エアロゾルは、飛沫とは違う?

咳やくしゃみによる飛沫よりはるかに小さいもので、そうした飛沫や唾液などが微粒子になって空中を漂うケースが問題です。3月にアメリカの国立衛生研究所の下にある国立アレルギー感染症研究所が、新型コロナウイルスがエアロゾル化し、空中で最低3時間は生き残る、という研究結果を発表しました。空気感染は起きていない、という見解もありますが、エアロゾルによる感染をはじめ、わかっていないことは多いのです。政府は換気の悪い密閉空間を問題視していますよね。滞留した空気を外の新鮮な空気と入れ替えて室内に漂うエアロゾルを追い出すことは、環境衛生の基本中の基本です。

引用元:https://toyokeizai.net/articles/-/341569

エアロゾル感染と飛沫感染の違いは?

今回の研究結果が事実であればマスクの横からコロナウィルスを吸い込んでいる可能性は大きいかもしれませんね。できるだけ換気がされている場所で仕事や生活がとても大切ということが分かりました。マスクは他の人への飛沫感染防止に必要なものなので集団生活している人は必須ですね。

コロナは飛沫以外に感染する?マスクしても意味がない理由は?まとめ

今回はコロナの感染経路として飛沫以外の可能性を紹介してきましたが、マスクは普段の日常の中で必要なものという再認識したことと、他の生物からは感染のリスクは少ないことが分かりました。今後、新しい研究結果が出てくるので、注意して見守りたいと思います。

関連記事
熱中症とコロナの症状は似てるって本当?覚えておきたい知識!

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして。ありすと申します。 愛犬獅子丸が3歳半という短い人生を旅立ったことがきっかけとなり、このブログを始めました。 大好きな愛犬の一生を健康に楽しく!そして、少しでも長く一緒に過ごせるよう、有益な情報をお届けして参りたいと思っております。 どうか、このブログを通じて、よりたくさんの方が愛犬と幸せに過ごせますように!