コロナブルーを乗り切る方法は?メンタル回復に効果のある2選!

緊急事態宣言の解除によって普段の生活に戻りつつある日本ですが、
自粛生活中に「コロナブルー」や「コロナ鬱」にかかった方も多いのでは?
心のどこかで落ち着きがなくなって不安になっている方にメンタル回復に効果的な方法を紹介していきます。

コロナブルーを乗り切るためにまずは原因を知ること!

コロナによる在宅勤務は、通常とは違う閉鎖的な環境下であり、そこに適応できないために心が疲弊してしまいます。それを「コロナうつ」、「コロナブルー」といいます。

症状は人によって異なりますが、「私は不幸だ」「明るい未来はない」などと物事を否定的に捉え、「憂うつ」「むなしい」などのネガティブな感情が沸き起こってくるようになります。今までと違った環境に適応できず、ストレスを感じたために起こるものです。

コロナに対する危機感の違いから、家族や周囲に対して不満を募らせたり、イライラすることも挙げられます。「自分はこんなに気を付けているのに、家族は無関心でもう嫌!」という声も聞きます。終わりの見えない自粛生活と経済活動の低迷により、社会に対して強い憤りを感じることも多いでしょう。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/596e9b65c5b2e1238b29e196b783f708fd9a3537?page=1

コロナブルーやコロナ鬱で入電が殺到!

コロナブルーによるネットの反応は?

外出自粛による自宅での在宅ワークでのストレス、中には事業縮小で仕事を失った方、給料が減少した方も多いでしょう。

専業主婦の方は日中に旦那がいるだけで心が落ち着かずにストレスを抱えて心が不安定になっているのでは?

少しでも前向きにコロナブルーに立ち向かうことが大切になってくるでしょう。

コロナブルーを乗り切るためにメンタル回復に効果的な2つの方法!

1・食事療法

ストレスの多い「コロナブルー」の状態では私たちの体の中で、脳内物質セロトニンが不足しています。

セロトニンは体内で生成することはできずに食事からしかとることのできない必須アミノ酸「トリプトファン」から作られます。

セロトニンは心を安定化させてくれる神経伝達物質で、今のような状況では、それが減少していると思われます。

セロトニンを作る主な栄養素はトリプトファン、ビタミンB6、炭水化物の3つ。
この3つの栄養素が含まれている理想的な組み合わせが「バナナ」と「牛乳」。
朝、一品バナナと牛乳を追加することから始めてみましょう。

もっと詳しく食事療法について調べてみる方はこちらから→コロナブルー食事療法

2・行動療法

太陽の光はセロトニンの分泌を高めてくれることがわかっています。

朝起きたら、太陽の方に向かって伸びをして深呼吸の習慣化を!
ポイントは「さあ、やろう」と考えてすぐに行動に移すこと。

人間は、「コロナブルー」のときは物事を後回しにしぐずぐずしがちです。
ポジティブな言葉を出すだけでも、重たい腰が上がりやすくなります。

余裕がある方は朝に体を動かす時間を持ちましょう。

体の中で血液が循環され、リズムを刻むことで脳も活性化してきます。
簡単な運動としては散歩がおすすめですよ!

またラジオ体操なども家で手軽にできるので、家族と一緒に取り入れてみてはいかがでしょうか?

コロナブルーを乗り切る方法は?メンタル回復に効果的な方法!まとめ

コロナブルーやコロナ鬱を乗り切るのに効果的な方法を紹介しました。

朝のスタートダッシュが大切なので生活に取り入れると気持ちが前向きになりますよ!

よろしければやってみてくださいね!

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして。ありすと申します。 愛犬獅子丸が3歳半という短い人生を旅立ったことがきっかけとなり、このブログを始めました。 大好きな愛犬の一生を健康に楽しく!そして、少しでも長く一緒に過ごせるよう、有益な情報をお届けして参りたいと思っております。 どうか、このブログを通じて、よりたくさんの方が愛犬と幸せに過ごせますように!