ドリフはやっぱり5人が最高!17年振りに大爆笑!

ドリフが今日2020年6月21日に戻ってきました!「ド、ド、ドリフの大爆笑!」懐かしくて、楽しくて、寂しくて、色々な感情が沸き上がりました。

やっぱりドリフターズ5人は最高ですね!17年振りに大爆笑してしまいました。

こちらでは、ドリフの素晴らしさと、志村さんのお友達が大集合した喜びを綴っていこうと思います。

ドリフはやっぱり5人が最高!

3月29日に亡くなったコメディアン・志村けんさん(享年70)の珠玉のコントを3時間にわたり一挙放送するフジテレビ系特別番組『志村友達 大集合SP』(21日放送 後7:00~9:54)。番組では珠玉コントのほか、おなじみの“はんてん”に身を包んだ加藤茶、高木ブー、仲本工事の3人が『ドリフ大爆笑』のオープニングテーマをコントで披露する。2003年12月に放送された『40年だよ!ドリフ大爆笑』以来、約17年ぶりに新たな『ドリフ大爆笑』のオープニングテーマが、日本中に響き渡る。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/a89e76fd6b1bced655390af1bc9b73c0c0e5fba2

志村友達 大集合スペシャル2020年6月21日


オープニングが始まった瞬間、一気にあのドリフ時代にタイムスリップした気持ちになりました。

知らないうちに、「ドリフの大爆笑」を一緒に口ずさんでいました。思いっきり笑った 3時間でした。

ネット上の反応は?


お茶の間のアイドル?でした!子供の頃に毎週観ていたけれど、今いい大人になって改めて観ると、長さんと志村さん中心にコント考えていたのかなって思いました。

志村けんさんの存在は、偉大ですね。

「ドリフ5人がそろうと、やっぱりすごく面白いね」

「5人がそろうと、やっぱりすごく面白いね」と、加藤茶さんがおっしゃっていましたね。そうです!あの時代はよかったです!今のお笑いとは全然違う、思い切りや本当に面白いことをしようっていう熱意が私たち視聴者に自然な笑いをもたらしてくれました。

そして、「ドリフの大爆笑」のオープニングが始まると、自然と口ずさんでいる自分がいました。そこでのコントも面白かったです!志村けんさん役の研ナオコさんが、志村さん!?って思っちゃった。

「ドリフの大爆笑」は、物心ついた時にはお茶の間の一部になっていました。1977年、私がこの世に生を受けた日に始まったなんて・・・こんな楽しいコント番組が始まったのはもう42年も前のことなんですね。

皆今はかなりいい歳だから、加藤茶さん、中本工事さん、高木ブーさんがお元気そうで、よかったなって自然と感じました。志村けんさんがコロナに感染して亡くなってすごく悲しかったので、また、この悲しいっていう気持ちは本当は味わいたくないですが、生きるっていうことは死ぬっていうことなので、仕方のないことですもんね。思い出が残るから「よし」としないといけないですね。

どうも、涙もろくなっている私は、今日懐かしいコントを観ているときも、この記事を書いているときも、涙が出てばかりです。でも、きっと、天国にいる志村さんは「笑ってほしいな」って言いますよね。

『笑う門には福来る』ですね。

志村さん、東村山市の名誉市民に!

東京都東村山市の渡部尚(わたなべ・たかし)市長が20日、公式ツイッターを更新。市のホームページに集まった2万2336件の『志村けんさんへのお気持ち(メッセージ)』を、同日、志村さんの兄・志村知之さんへ届けたことを報告した。

渡部市長は「東村山市のHPに全国の皆さまからお寄せいただいた『志村けんさんへのお気持ち(メッセージ)』2万2,336通を本日お兄様の志村知之様にお届けさせていただきました」と報告。知之さんとの写真を添え「改めて東村山の名を全国に知らしめて下さった志村けんさんに感謝するとともに、ご冥福をお祈りいたします」と伝えた。

引用元:https://www.oricon.co.jp/news/2162579/full/

ドリフはやっぱり5人が最高!17年振りに大爆笑!まとめ

ここまで「ドリフはやっぱり5人が最高!17年振りに大爆笑!」について書き進めてきました。

「ドリフの大爆笑」が放送していた当時は、こんな世の中になるなんて思ってもいませんでした。随分生きにくくなってきましたね。

でも、時代は変化するもの!今を楽しく生きることを志村さん、お約束します!

スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして。ありすと申します。 愛犬獅子丸が3歳半という短い人生を旅立ったことがきっかけとなり、このブログを始めました。 大好きな愛犬の一生を健康に楽しく!そして、少しでも長く一緒に過ごせるよう、有益な情報をお届けして参りたいと思っております。 どうか、このブログを通じて、よりたくさんの方が愛犬と幸せに過ごせますように!