出前サービスの優良店は?配達員のマナーと安心感の理由は?

新型コロナが流行している中で未だに外食に抵抗がある方も多いだろう。
全国に拡大している出前サービスの優良店を探しては利用していることも多いのでは?
今回は配達員のマナーや配達時の安心感を比較して紹介していきます。

出前サービスの優良店は出前館?ウーバーイーツ?

外出自粛やテレワークの普及で急速に需要を伸ばした料理のデリバリー代行サービス。そのトップ2といえば、Uber Eatsと、出前館だろう。半年前からUber Eatsで配達員として働く金城祐也さん(仮名・30歳)は「自分が利用するなら出前館がいい」と言い切る。

ウーバーは、アプリで登録して運営会社から配達用のバッグを受け取れば、誰でも配達員になれる。バッグも安定性がなく、自転車の漕ぎ方が下手な人は、料理なんてすぐこぼしちゃいますよ」

スキマ時間で稼げるウーバーは、若者からお年寄りまで、配達員も千差万別。スキルにも差がある。

一方、出前館は運営会社が宅配ボックスを支給。出前館デリバリー歴3年の吉田猛さん(仮名・41歳)も出前館を推す。

「バイクの後ろに取り付ける出前館の宅配ボックスは、比較的料理がこぼれにくい構造になっています。店舗側も料理にぴっちりラップをするので、配達中に汁が飛び散ることはないですね」

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/9586a7c5d7403476afbf370e6c61a9cc85ed52d7

ネットの反応は?

名前は知っているが、頼んだことが無い方は参考にしていただければと思います。

出前館はシフト制の自給制なので時間内でしっかりと働く固定給スタイルということ。

ウーバーイーツは完全出来高制なのでやればやるだけ給料アップという違いがあるみたいですよ!

カバンの構造にも差があるようで、安心感では今のところは「出前館」の方が良さそうですね!

ウーバーイーツでは新サービスを8月8日より開始!

米配車大手ウーバー・テクノロジーズは食事宅配サービス「ウーバーイーツ」の日本事業で、配送料の定額制を導入することが5日、分かった。

月額980円を支払うと、料理代などが1200円を超える注文の配送料はかからなくなる。配送料は地域ごとに異なり、おおむね月4回の利用で元が取れるという。8日までに全ての利用者が申し込めるようにする。

出前館」など他社との競争が激しくなっており、顧客の囲い込みを図る。新型コロナウイルス感染拡大で食事宅配の需要は拡大している。  配送料は注文数や配達員数などの需給に応じて決めている。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/5722c1173afd675743c458fde8772fc7a2617d8e

今後はウーバーイーツの方が利用回数によってはお得に利用が出来そうだ!

現状をしっかりと改善できるのであれば今後のウーバーイーツは挽回のチャンスはあるだろう。

出前サービスの配達員のマナーは?

ウーバーイーツは出前館と違い、完全出来高制のサービスなのでやはり、現実的に事故は多い。

稼ぐことを第一に考えているのが当たり前なのでその分、マナーを守りにくいのだろう。

出前館は自給なので忙しくても暇でももらえる金額は同じということが配達員のマナーや印象が良いのかもしれない。

出前サービスの優良店は?配達員のマナーと安心感の理由は?まとめ

今回は出前サービスの優良店は現時点では「出前館」になりそうだ。

金額だけ安くても届いたときに「頼んでよかった」と思えるかどうかがリピートする理由だと思う。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして。ありすと申します。 愛犬獅子丸が3歳半という短い人生を旅立ったことがきっかけとなり、このブログを始めました。 大好きな愛犬の一生を健康に楽しく!そして、少しでも長く一緒に過ごせるよう、有益な情報をお届けして参りたいと思っております。 どうか、このブログを通じて、よりたくさんの方が愛犬と幸せに過ごせますように!