アベノマスクが金券になるって本当?経済効果を後押しの理由!

新型コロナウィルス感染防止策として送られてきたアベノマスクが金券になるという話をききました。
正直、市販されているマスクが出てきてから自宅にアベノマスクが届いた方も多いのでは?
余って使わないのであれば日本の経済効果を後押しするために金券に変えた方がお得ですよね。
今回は詳しく紹介していきます。

アベノマスクが金券になるのは店舗での割引!

・愛知県豊川市にある焼き鳥店「中々」(なかなか)。

マスクを必要としている人に寄付するため、常連客から余っているマスクを集めています。

「届いてもマスクを使わないという意見が多かったので、店で何かできないかと思いました」(「中々」オーナー 榊原直斗さん)

集まったマスクはこれまでに約200枚。そのうち約80枚が“アベノマスク”です。

店では、マスクと引き換えに、飲食代から1000円を割引きしていました。

手作りマスクがたくさんあって、マスクが余っていたので、話を聞いて良いことに使えるなら役に立ちたいと持ってきた」(マスクを渡した客)

 マスクを持ってきた人の約7割は、割引きを辞退。

 集まったマスクは7月以降、小学校や福祉施設に寄付します。

「店の外を掃除していた時に、小学生に“頑張ってください”といわれて、子どもたちのために何かできることはないかと始めました」(榊原さん)

・岐阜県美濃市の旅行代理店。

マスクを店で使える旅行券500円分と引き換えていました。

「新型コロナの影響で、4~6月に予約がほとんど消えました。時間があるのでマスクを集めて2次、3次の感染拡大に備えるためにも、必要な施設に送ろうと考えています」(旅の森キャリッジ 旦野隆晃 取締役)

集まったマスク150組は、地域の保健センターに寄付します。

旅行券の元手には、新型コロナの経済対策として給付される休業補償金を充てる予定でした。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/66b35f2b8678256b16f46ed8d00a7676f6c34e21?page=1

タピオカや玉ねぎなど物々交換なども行っている店も!


ツイッターでも交換するキャンペーンは多い!

調べてみると意外にもこういったキャンペーンを行っているお店は多く感じました。

世間では「小さくて使えない」「手作りマスクで十分」などの理由で使い道がなくなった方への救済にもつながっている。

もしもアベノマスクが余っているのであれば有効に使ってみるのも良いのではないだろうか?

アベノマスクを金券として扱うと古物営業法違反になるって本当?

一方で商品交換や金券などの割引を行っている店舗に警察が取り締まりに来ている所も!

古物営業法が定められている理由は「犯罪被害品」の流通防止のようです。

古物営業法とは

盗品等の売買の防止、速やかな発見等を図るため、古物営業に係る業務について必要な規制等を行い、もつて窃盗その他の犯罪の防止を図り、及びその被害の迅速な回復に資することを目的として制定された法律である。

引用元:ウィキペディア

簡単に説明すると、今回のアベノマスクが他の場所で盗まれた物の可能性が出てくることもあるので、

マスクの交換を野放しにすると更に盗まれたものが流通して、犯罪を助長してしまう可能性があるということですね。

そういったことを防止するために、中古品等の売買が規制されているということ。

中でも金券や現金などに交換している店舗は特に注意が必要のようです!

古物商の免許はすぐとれるの?

店を訪れた警察官は、使っていないマスクを商品や割引券と交換し、それを寄付する場合は、

古物商の免許、または届け出が必要だと説明したといいます。

ちなみに古物商の免許は約2万円で取ることが出来ますが、

お店側としては来店のきっかけにするための経済効果も狙っている所で水を差された感覚でしょうね。

店舗によっては中止している店舗もおおいようです!

アベノマスクが金券になるって本当?経済効果を後押しの理由!まとめ

今回は余っているアベノマスクを金券に変えたり、商品の交換ができるのか紹介しました。

緊急事態宣言が解除されて打撃を受けている店舗からすると少しでも経済流通を安定させたいところ、

少しでも経済効果が上向きになっていくために私たちも後押しできる方法を探していきたいですね!

スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして。ありすと申します。 愛犬獅子丸が3歳半という短い人生を旅立ったことがきっかけとなり、このブログを始めました。 大好きな愛犬の一生を健康に楽しく!そして、少しでも長く一緒に過ごせるよう、有益な情報をお届けして参りたいと思っております。 どうか、このブログを通じて、よりたくさんの方が愛犬と幸せに過ごせますように!