キングダムの続編決定って本当?山﨑賢人に聞きました!

祝!キングダム続編決定!めでたいですね。一作目でかなりのスケールでの放映に度肝を抜かれ、すっかりキングダムの虜です。

続編のキャストや内容はどのようなかんじになるのでしょうか?

こちらでは、キングダムの続編について、山﨑賢人さんの言葉など、現在わかっているかぎりのことをご紹介したいと思います。

キングダムの続編決定って本当?

原泰久原作による実写映画「キングダム」の続編製作が決定した。 映画「キングダム」第1弾は2019年4月に封切られ、同年公開の邦画実写作品で興行収入1位の57.3億円を記録。第43回日本アカデミー賞ではえい政、漂役の吉沢亮が最優秀助演男優賞、楊端和役の長澤まさみが最優秀助演女優賞を獲得したほか、最優秀撮影賞、最優秀美術賞にも輝いた。 【写真】映画「キングダム」第1弾のビジュアル。(c)原泰久/集英社 (c)2019 映画「キングダム」製作委員会(メディアギャラリー他1件) 続編では前作に引き続き佐藤信介が監督を務め、吉沢のほか主人公・信役の山崎賢人、河了貂役の橋本環奈らキャスト陣が再集結。原も前作同様脚本を担当し、映画オリジナルのシーンやセリフも加えられる。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/33e5a5a4233fd8d96a194461d032436d59a9bae0

キングダム続編決定発表の瞬間!

キングダム第1作目の放映は今夜9時からスタート!

続編決定おめでとうございます!山崎賢人さんが全身全霊で演じた信に魅了されて、キングダムが大好きになりました。

その信が戦場に出て、どんどん大きく成長していくんでしょうね!今夜の放映も楽しみですが、続編も今から楽しみでなりません。

ネット上の反応は?

羌瘣と縛虎申誰は誰が演じるんでしょうか?またスクリーンで観られる日が来るなんて、夢のようです!

ただ、中国での撮影となるのであれば、くれぐれも体調管理など気をつけていただきたいなと思います。

キングダム続編でのキャストや内容は?山崎賢人の意気込みとは?

ついに待望の映画『キングダム』続編・パート2の製作が決定致しました!続編を望むファンと製作陣の熱意が結集し、いよいよ続編へ向けた新たな挑戦が始まります。前作に引き続き、佐藤信介が監督を務め、主人公の信役に山﨑賢人、嬴政役に吉沢亮、河了貂役に橋本環奈ら前作の豪華キャスト陣が再集結。原作者の原泰久も前作同様脚本を担当し、映画オリジナルのシーンやセリフも加筆された模様。前作以上のスケールで、日本映画史上に残る戦場とドラマが描かれることとなりました。気になる、公開日、ストーリー、新キャスト等は、ぜひとも続報をお待ちください!日本映画最高峰のキャスト・スタッフが前作のスケールをさらに超えて世界に挑む本格エンターテインメント・映画『キングダム』の今後の展開に目が離せません!

<山﨑賢人コメント>『キングダム』は前作の撮影が終わったときに“信”の気持ちと同じように僕の中でも「いよいよこれから物語が始まっていくんだ、まだまだこれからだ」と感じていた作品でした。監督やキャストのみんなで「続編も撮れるといいね」と話していたので、続編が決まって本当に嬉しい気持ちです。前作同様、今回も原先生が脚本に関わってくださっているので、いちキングダムファンとしても、映画に関わる役者としても、本当にワクワクするような、期待を裏切らない熱い脚本になっています。本作では、いよいよ“信”が戦場に出ていくストーリーが展開されます。前作よりも成長した姿を皆さんにみていただけるように、そして、前作を超える面白い作品にできるように、キャスト・スタッフ一同頑張りますので、完成を楽しみにしていてください!!

引用元:https://kingdom-the-movie.jp/news/index.html

「キングダム」続編の公開日、ストーリー、新キャストなどは追って発表されるということです。

キングダム1作目のメイキング映像

キングダムの続編決定って本当?山﨑賢人に聞きました!まとめ

ここまで「キングダムの続編決定って本当?山﨑賢人に聞きました!」について書き進めてきました。

待望の続編決定です!!公開日やキャストなどの情報はまだ発表されておりませんが、1作目のキャストが再結集するだけで、ワクワクが止まりません!

一気に明るい気持ちになりました!仕事頑張ります!

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして。ありすと申します。 愛犬獅子丸が3歳半という短い人生を旅立ったことがきっかけとなり、このブログを始めました。 大好きな愛犬の一生を健康に楽しく!そして、少しでも長く一緒に過ごせるよう、有益な情報をお届けして参りたいと思っております。 どうか、このブログを通じて、よりたくさんの方が愛犬と幸せに過ごせますように!